烏城独歩の『まぁ~だ、だよっ!』

のんびり人生も半世紀が経過。 長ぁ~いキャリアのゴルフは、まったく上達の気配はないし、ありがたく仕事忙しくて、遠ざかっています。 『もぉ~いいかい???』

7月20日、「円城生そば」。

若杉天然林」からの帰り道。
小腹が空いてきたので、途中でラーメンでも食べようかと思いながら車を走らせていました。
ところが、何軒かの思っているお店は定休日だった。 


その後、思いついたのが「円城生そば」。
   中区雄町に店を出した事。
こちらは水曜日が定休日なので、木曜日は営業しているはずです。

170720 円城生そば① ブログ用

なんだか、店頭がゴチャゴチャしています。
   テンション下がるな。

170720 円城生そば② ブログ用

注文は、食券機。
   「さらしな十割」(880円)。
     シッカリした、弾力のある麺です。

170720 円城生そば③ ブログ用

蕎麦湯は、ドロッとしたポタージュタイプ。

お味などの評価は、普通の蕎麦屋なら許す。
   この場所と食券方式だと、トータル評価として気分乗らないねぇ。


スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

7月20日、中国道「上月パーキングエリア(上り線)」。

2年ほど前から行ってみたかった、西粟倉村の「若杉天然林」に向かいます。
去年は各地で熊騒動が持ち上がっていたので、躊躇。

170720 上月パーキングエリア① ブログ用

お腹がすいてきたので、途中の兵庫県佐用町の「上月パーキングエリア」でチョイ飯。

170720 上月パーキングエリア② ブログ用

私の場合、高速での軽食ではうどん率が高いのだけれどこの日は蕎麦気分。
   「天ぷらそば」(550円)。


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

7月12日、「小むら」。

5月の下旬から、思う事があって「税務署」通い。
そろそろキチンと申請しないと時間的に厳しくなってくるので、午前中に書類の不備などがないかを見て頂きます。
   必要証明書類が一つ足らない。
     それと書類内で許容範囲内の微妙な字句違い。

170712 岡山東税務署 ブログ用

足らない証明書類を取付けて、微妙な字句も修正して、再度確認して頂いて、申請書を受け付けて貰いました。
申請したから「オッケー」てもんではないので、後は審査待ち。





170712 小むら① ブログ用

そぅ言えば、朝から飯を喰っていない。
買い物ついでに「セルフうどん」でも食べようと、税務署から出て来て信号待ち。


気になる暖簾が、出ています。
どぅも最近開店した蕎麦屋のようです。
暖簾が出ているということは「営業中」です。
北区蕃山町の「小むら」。
   よしっ、蕎麦頂き。

170712 小むら② ブログ用

コインパーキングに止めて、暖簾をくぐると・・・。
なんじゃ、これ。

最低!!!
   むちゃ腹立つわぁ~。
     暖簾、仕舞っとけや。


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

6月15日、「ちょい蕎麦庵」。

私にとっては営業日が合わなくて、ハードルの高いお店。
   行ければ、ラッキーって感じです。
瀬戸内市牛窓町の「ちょい蕎麦庵」。
   ここの向かいの「楽土館」に来た時から気になっていました。

170615 ちょい蕎麦庵① ブログ用

11時30分からの営業ですが、一日20食限定らしいので早目にやって来ました。
   11時に着けばいいかと思っていたのだけれど、10時40分位に着いてしまった。
     が、既に駐車場には2台(3人)止まっています。

170615 ちょい蕎麦庵② ブログ用

私の後に、直ぐ1台(1人)。
   そうこうしていると、1台(2人)。
      そして、1台(2人)。
         これで、都合六組9人ですな。

170615 ちょい蕎麦庵③ ブログ用

準備が出来たのか、時間は早いですが、順番を確認して、私までの三組4人が入店。
   テーブルは、2人掛けが一つと、4人掛けが二つです。
     相席は・・・、させないのね。

170615 ちょい蕎麦庵④ ブログ用

揚げそばとお茶。
   「更科」と「粗挽」の二種類と「そば切り」が、揚げられています。

 お一人入ってくるが、外に三組待たれています。
    1時間ほどお待ち下さい。と・・・。

170615 ちょい蕎麦庵⑤ ブログ用

そば猪口、出汁つゆなどがのったお盆。
   注文は、二種類を一枚ずつお願いしました。
     一枚600円、お代わり400円です。

 お二人来られるが、多分売り切れると思います。と・・・。

170615 ちょい蕎麦庵⑥ ブログ用

「会津在来種 福島県喜多方飯豊山麓産」です。
   きれいに挽かれた、優しい蕎麦。

170615 ちょい蕎麦庵⑦ ブログ用

「粗挽田舎 北海道石狩沼田産」です。
   ザラっとした口当たりと、蕎麦の風味がうまし。

1,000円のお支払いにて、かなり早目な時刻の優雅な蕎麦昼食は完結。



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

4月20日、「紅そば亭」。

ちょっと曇り勝ちですが、いい天気。
登山アプリのフォロー仲間の情報を元に、真庭市落合垂水の「醍醐桜」に行きます。
   開花情報では、もう「葉桜」です。
     目的は、「遊歩道」の下見。



170420 紅そば亭① ブログ用

その前の腹ごしらえに、美咲町境の「紅そば亭」。

170420 紅そば亭② ブログ用

とろろが乗った、「雲海そば(大盛り)」(900円)です。
ここの蕎麦は、いつも美味しいねぇ~。
   汁まで、飲んでしまった。


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad