烏城独歩の『まぁ~だ、だよっ!』

のんびり人生も半世紀が経過。 長ぁ~いキャリアのゴルフは、まったく上達の気配はないし、ありがたく仕事忙しくて、遠ざかっています。 『もぉ~いいかい???』

3月23日、「瀬戸内国際芸術祭2016 宇野港」。

3月20日から始まった「瀬戸内国際芸術祭2016」。
2010年に始まってから三回目となる今回ですが、私が鑑賞を始めたのは前回の2013年からです。
前々回、前回からの作品群も有りますし、作品巡りの要領も分かっているつもり・・・。
「春会期」は、4月17日迄ですので、2~3日は休みの中で日程が取れるかなぁ。

「犬島」に行ければと思っていましたが、グズグズしていたら船の時間に間に合うかどうか微妙になってしまいました。
で、「宇野港」へ。
駐車場(一日500円)に車を止めて、鑑賞開始。

160323 瀬戸内国際芸術祭2016① ブログ用

「宇野港インフォメーションセンター」。
後ろのビルボードの連絡船の写真は、宇野港「連絡船の町」プロジェクト。

160323 瀬戸内国際芸術祭2016② ブログ用

JR宇野駅は、エステル・ストッカーの「JR宇野みなと線アートプロジェクト」。

160323 瀬戸内国際芸術祭2016③ ブログ用

宇野港から数分歩いた玉野市役所近くの玉野中央公園、内田晴之の「海の記憶」。

160323 瀬戸内国際芸術祭2016④ ブログ用

インフォメーションセンターそばの、小沢敦志の「終点の先へ」。
放置自転車をアート化して、レンタル可能に再生。
  鉄を加工して取り付けているから、重そうですな。

160323 瀬戸内国際芸術祭2016⑤ ブログ用

港周辺の作品を眺めながらブラブラしていると、直島からのフェリーが接岸中。

160323 瀬戸内国際芸術祭2016⑥ ブログ用

初回2010年の作品で、淀川テクニックの「宇野のチヌ」。
ずっと設営されていますから、お色直しを済ませて綺麗に復活しています。

160323 瀬戸内国際芸術祭2016⑦ ブログ用

前回2013年の作品で、小沢敦志の「舟底の記憶」。
  宇野駅寄りには、もぅ一作品の錨をベースにした作品が有ります。
鉄のパーツが、増えているそうだ。

160323 瀬戸内国際芸術祭2016⑧ ブログ用目隠し

八浜駅のエステル・ストッカー「JR宇野みなと線アートプロジェクト」は、未だ製作中でした。


スポンサーサイト

テーマ:瀬戸内国際芸術祭2013 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ujoh.blog136.fc2.com/tb.php/1539-ae5ce5be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad