烏城独歩の『まぁ~だ、だよっ!』

のんびり人生も半世紀が経過。 長ぁ~いキャリアのゴルフは、まったく上達の気配はないし、ありがたく仕事忙しくて、遠ざかっています。 『もぉ~いいかい???』

3月8日、操山散策(その2)。

「円山不動明王」から「笠井山」に向かいますが、分岐を通り過ぎて「虚空蔵大師」へ。
   「ゴロゴロサマ」との信仰を集めた、通称「ゴロゴロ大師」へ寄ります。

170308 操山、笠井山⑪ ブログ用

京都の嵐山、嵯峨を思わせる竹やぶの道を下って来ました。
   お堂は、キレイに手入れがされています。

「ゴロゴロ大師」のいわれは、諸説あるようです。
ともかくも、「流行り病を治す仏様」として、軽便鉄道(西大寺鉄道)の最寄駅(大師)から参詣者が列をなしたそうです。
その参拝者目当てに、沿道には多数の店が並んでいたらしい。
いつの間にか流行り神様としてすたれて、今は静かに地元の人達が守っていますね。



170308 操山、笠井山⑫ ブログ用

下って来た竹やぶの道を「笠井山」に向かって、戻ります。

170308 操山、笠井山⑬ ブログ用

最終目的地の海吉まで、あと一息ですね。
   「笠井山」山頂へ、100メートルです。
     行きましょう。

170308 操山、笠井山⑭ ブログ用

山頂に案内図を設営した頃には、見晴らしが良かったんだろうねぇ。

170308 操山、笠井山⑮ ブログ用

木々が茂って、眺望はナシです。
   眺望は諦めて、おにぎり休憩。

170308 操山、笠井山⑯ ブログ用

大きな岩が有ります。
この岩を「磐座」と考えると、この先の「吉備津岡辛木神社」と関連するかも知れませんね。

170308 操山、笠井山⑰ ブログ用

山道から、舗装路に出て来ました。

170308 操山、笠井山⑱ ブログ用

「吉備津岡辛木神社」の本殿です。
   「さざれ石」が置かれています。

170308 操山、笠井山⑲ ブログ用

中を通り抜けないで、外の道を回り込んで「随神門」の前に。
   お参りは、次回、正面から来る時までお預けにしておきましょう。

170308 操山、笠井山⑳ ブログ用

海吉への参道を下ります。
道の脇の木などに、和歌や俳句の札が下げられています。
   詩を刻んだ、石碑も有ります。

170308 操山、笠井山㉑ ブログ用

参道から住宅地を通り向けて「倉安川」にぶつかりました。
小橋の脇に、神社の石柱と「操山ハイキングコース 詩の小径」の石碑。
予定通り、約二時間で海吉に到着しました。
   さぁ、バスに乗って帰ろう。

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ujoh.blog136.fc2.com/tb.php/1771-2f8c39e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad