烏城独歩の『まぁ~だ、だよっ!』

のんびり人生も半世紀が経過。 長ぁ~いキャリアのゴルフは、まったく上達の気配はないし、ありがたく仕事忙しくて、遠ざかっています。 『もぉ~いいかい???』

6月15日、「ちょい蕎麦庵」。

私にとっては営業日が合わなくて、ハードルの高いお店。
   行ければ、ラッキーって感じです。
瀬戸内市牛窓町の「ちょい蕎麦庵」。
   ここの向かいの「楽土館」に来た時から気になっていました。

170615 ちょい蕎麦庵① ブログ用

11時30分からの営業ですが、一日20食限定らしいので早目にやって来ました。
   11時に着けばいいかと思っていたのだけれど、10時40分位に着いてしまった。
     が、既に駐車場には2台(3人)止まっています。

170615 ちょい蕎麦庵② ブログ用

私の後に、直ぐ1台(1人)。
   そうこうしていると、1台(2人)。
      そして、1台(2人)。
         これで、都合六組9人ですな。

170615 ちょい蕎麦庵③ ブログ用

準備が出来たのか、時間は早いですが、順番を確認して、私までの三組4人が入店。
   テーブルは、2人掛けが一つと、4人掛けが二つです。
     相席は・・・、させないのね。

170615 ちょい蕎麦庵④ ブログ用

揚げそばとお茶。
   「更科」と「粗挽」の二種類と「そば切り」が、揚げられています。

 お一人入ってくるが、外に三組待たれています。
    1時間ほどお待ち下さい。と・・・。

170615 ちょい蕎麦庵⑤ ブログ用

そば猪口、出汁つゆなどがのったお盆。
   注文は、二種類を一枚ずつお願いしました。
     一枚600円、お代わり400円です。

 お二人来られるが、多分売り切れると思います。と・・・。

170615 ちょい蕎麦庵⑥ ブログ用

「会津在来種 福島県喜多方飯豊山麓産」です。
   きれいに挽かれた、優しい蕎麦。

170615 ちょい蕎麦庵⑦ ブログ用

「粗挽田舎 北海道石狩沼田産」です。
   ザラっとした口当たりと、蕎麦の風味がうまし。

1,000円のお支払いにて、かなり早目な時刻の優雅な蕎麦昼食は完結。



スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ujoh.blog136.fc2.com/tb.php/1844-974e4981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad