烏城独歩の『まぁ~だ、だよっ!』

のんびり人生も半世紀が経過。 長ぁ~いキャリアのゴルフは、まったく上達の気配はないし、ありがたく仕事忙しくて、遠ざかっています。 『もぉ~いいかい???』

新米爺ちゃんからの心遣い

「干し肉」と「にこごり」を以前、記事にした事が有ります。
どぅも、これに気を取られて落ち着かない「新米のおじぃさん」が関東にいらっしゃいます。

先日、津山の方に行く機会がありましたので仕込んで来て、
『どぅだぁ~
とばかりに、「どぶろくモドキ」と一緒にお届けしたところ
『参ったかぁ~
と、返礼を頂きました。

渡舟100814

昨夜は高校時代の友人たちが集まって宴会です。
私が作った、「どぶろくモドキ」と「怪しい焼酎」が霞んでしまいました。
当たり前じゃわな。
比べる事自体が無謀と言うもんじゃ。

純米吟醸『渡舟』の圧勝です。
「参りました!」

同梱された『干し納豆』が、これまた絶妙です。
お茶にもビールにも・・・バッチリ合いますね。
長女と仕事場に持って行って、大切に小出ししては奪い合って食べています。
長女の大学での卒業研究は『納豆のビタミンK』についてだった。



「怪しい焼酎」とは・・・。
『黒霧島』のパックに入っています。
中身は、『黒糖焼酎』200CC、『米焼酎』360CC、『麦焼酎』360CC、『芋焼酎』50CCに水を加えて一升にして先週末より冷蔵庫に寝かせていました。





コメント

エドはん
各地(各家庭)の食べ物に歴史(想い出)有りですね。

状態を表現すれば、作業工程は一夜じゃないかも知れませんが「一夜干し」の方が正しいよう感じます。

娘が水戸の友だちのところにお邪魔した時に食べたのは、「もっと乾燥したものだった!」と言っておりました。

さぁ~て、いつになりますか・・・。
次回の『どぅだぁ~』、『参ったかぁ~』を練らなくっちゃネ。
Posted by:烏城独歩 at 2010年08月17日(火) 14:58


コメント

こんばんは。
(なかなかタイミングが難しい=笑)

 例の、仕込まれたものは日本版「ソウルフード」ではないかと、新米おじぃさんは勝手に想像した次第…。「ジャパニーズ・ビーフジャーキー」も「肉羊羹」も、それはそれは「絶品」で上品でした。歴史には記されない…、けれども立派な食文化だと。コチラでは「牛」にまつわる物は少ないので「感動モン」でした。

 納豆はどうかなとも思ったのですが、お嬢さんの研究になるほどなと「納得=なっとう+くう」でした。白くなるまで干したものは水戸にもありますが、「半生」は地域限定。下総、下野、常陸の国境辺りのもののようだと…、これまた勝手に思い込んでいます。
  
Posted by:エドはん at 2010年08月17日(火) 01:03


コメント

ひーちゃんさん
あははは・・・。
その辺りに転がっていた焼酎をブッ込んでみました。

宴会のウケ狙いとして皆さん面白がってくれましたが、再度同じもを作るとヒンシュクでしょうね。
Posted by:烏城独歩 at 2010年08月16日(月) 21:33


コメント

確かにこの焼酎は怪しいですね
Posted by:ひーちゃん at 2010年08月16日(月) 20:17
スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ujoh.blog136.fc2.com/tb.php/29-4d6ebb85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad